基幹連動ハンディーターミナル - HDit

製品カタログ  導入事例

  • 基幹の業務は、IBM System i(AS/400)上のRPGアプリケーションで作成。
  • バーコード、カメラによる画像情報報告対応。
  • ハンディーターミナルから、リアルタイムに DB/400 を参照可能。
  • 5250端末と変わらない、基幹システムとの連動が可能。
今までのハンディーターミナルでは、基幹システムとの連動は、他システム(Windows等)を使用して、トランザクションの転送と、 バッチ処理で行っていました。このため、リアルタイムに他店の端末とデータを共有できないため、全店共通のデータへアクセスしたい 場合に不都合がありました。



HDitでは、処理ロジックをIBM System i(AS/400)に移し、基幹業務の一部として動作させることにより、従来のバッチ処理を不要とし、 データを全ハンディーターミナルおよび通常の5250端末で共有できる仕組みとなっています。
また、バーコード処理との融合で、今までにないシステムが可能になりました。

製品カタログ  導入事例