Webit

アプリケーションプログラムの例  良くある質問  製品カタログ

~ IBM System i RPG による従来の手法でWebアプリケーションを開発 ~

  • RPGによる5250画面のアプリケーション開発に極めて近い方法で、 Webアプリケーション構築を可能にするミドルウェアです。
  • RPGプログラムに対して5250画面に極めて近いインターフェースを提供するため、 従来と同様の発想・手法で設計・開発が行えます。
  • RPGによるアプリケーション開発経験者であれば、 ごく基本的なHTMLの知識以外に新たな知識習得は不要です。
  • IBM System i(AS/400)標準実装のHTTPサーバーだけで稼動するのでマシン負荷が少なく高い パフォーマンスが得られます。(WebSphere Application Server は不要です。)
  • 5250画面をWebに変換する方式ではないのでWeb画面としての自由なデザインが可能です。 Webの機能をほぼ制限なく使用できるのでWebの豊富な機能、表現力をフルに活用できます。


Webitの特徴

  • EXFMT命令などの画面入出力命令を対応するインターフェースプログラム呼び出しに置き換えるだけでWebアプリケーションをコーディングできます。
  • ILEでは無い従来のRPG(RPG/400)でコーディングできます。
    勿論、ILE RPG でもコーディングできます。
  • 5250画面のサブファイルとほぼ同様な機能を提供しています。
    サブファイルに対する命令をサブプログラムの呼び出しに変えるだけでサブファイルとほぼ同様にコーディングすることができます。
  • チェックボックス、ラジオボタン、選択メニューをプログラムとの入出力項目として使用できます。
  • 選択メニューは選択項目をプログラム実行時に動的にセットすることができます。


Webitの構造概略


アプリケーションプログラムの例  良くある質問  製品カタログ