VBit

~ RPG言語でGUIアプリを作成 ~

  • RPGプログラムとVisual Basicなどで作成したGUI画面とのインターフェースを提供するミドルウェアです。
  • IBM System i(AS/400)のアプリケーションサーバーとしての従来のメリットを生かしながら容易にGUI画面を実現します。
  • RPGプログラムに対して5250画面に近いインターフェースを提供するので、既存のRPGプログラムのロジックをそのままGUI化できます。
  • GUI画面なので自由な設計が可能です。(文字数など5250画面の制約を受けません。)
  • 5250エミュレータを使用しないためクライアント費用を削減できます。


VBitの特徴

  • RPGで5250アプリケーションの開発を行ってきた技術者が、 殆ど新たな技術を習得することなく、従来と同様な高い開発効率でGUIアプリケーションを構築できます。
  • また既存の5250アプリケーションをロジック変更せず僅かな変更で、GUI化することができます。
  • ILE RPGでは無い従来のRPGでコーディングできます。(もちろんILE RPGでもOKです。)
  • 複数行の表示、入力も5250画面のサブファイルとほぼ同様の方法でプログラミングできます。
  • GUI画面はVisual Basic などのWindows 開発ツールで作成します。
    (開発ツールは Visual Basic, Delphi, JAVA で動作確認済みです。)
  • 開発ツールについての知識はフォームが作成できるレベルで充分です。
  • 5250画面では不可能な画面設計や細かい画面制御が可能になります。


VBitの構造概略



画面適用例

元画面イメージ



VBit適用後